太田うさぎ句集『また明日』

 太田さんは、結社「豆の木」(こしのゆみこ代表)と「なんぢや」(榎本亨代表)の同人で、二〇一九年には「街」(今井聖主宰)にも入っている。「豆の木」賞を二回受けている。該句集は株式会社左右社が二〇二〇年五月三十一日に刊行。
 跋文は、太田さんと句会を一緒している俳句評論家の仁平勝さんが書いている。


太田うさぎ句集.jpg


 自選句の提示がないので、仁平さんが跋文に引いた句を掲げておく。

  誰からも遠く夜濯してゐたる
  苗売の前髪が目に入りさう
  フラダンス笑顔涼しく後退る
  なまはげのふぐりの揺れてゐるならむ
  真ん中に達磨ストーブ船を待つ
  陽炎へ機械油を差しにゆく
  裸木のラジオ体操広場かな
  パン屑と名前を貰ふ雀の子
  夏帽子振つて大きなさやうなら
  奈落よりあらはれ春の踊かな
  菊褒めてドライクリーニングを頼む
  小春日の有機野菜とフォーク歌手
  富士額見せて御慶を申しけり
  美人湯を出てしばらくを裸なり
  忘年や気合で開ける瓶の蓋
  ラクビーの主に尻見てゐる感じ
  過去からの電話のやうに雪降れり

 筆者栗林の共感句は次の通り。(*)印は仁平さんのと重なった。

012 名案はときを選ばず烏瓜
014 行く秋の水は捩れて水のなか
021 百千鳥眼傷つくほど学び
030 松手入空を立派にしてしまふ
035 四隅より辞書は滅びぬ花ミモザ
038 恋猫に夜汽車の匂ひありにけり
044 夏帽子振つて大きなさやうなら(*)
049 枯木から枯木へ渡す万国旗
056 神の留守柱は赤を尽くしたり
059 緋の白の八重の一重の寒牡丹
061 三月や噛まれ細りの馬の柵
065 酢洗ひの鰺も谷中の薄暑かな
071 子が父の洟拭いてゐる梅林
078 旅一つ終はりて金魚買ひ足しぬ
083 晴ときどき蝶テーブルも椅子も白
088 ライラック傘差して傘取りにゆく
089 レモンティー雨の向うに雨の海
090 濡れてゐることを知らない目高たち
090 星下ろすごとく風鈴下ろしけり
094 菊褒めてドライクリーニングを頼む(*)
094 薄原きらり少年とは速度
095 きれいな夜水すれすれに檸檬浮き
097 ぴゆつと出て鴨南蛮の葱の芯
108 惜春や貝に盛らるる貝の肉
109 川幅を水は急がず竹の秋
118 アロハシャツ大本山を下りて来し
123 ラグビーの主に尻見てゐる感じ(*)
126 転がして運ぶ卓袱台春の山
151 一種爽やか空腹のはじまりは

 一読してわりに伝統的な作品が多い、と感じたが、ささいな対象の捉え方、それを言葉で表すときの固有の工夫が非凡で、見たものの機微を見事に表出している句が多い、と感じた。そしてユーモラスである。

044 夏帽子振つて大きなさやうなら(*)
 普通なら「大きく振ってさやうなら」とやる。それではつまらない。「大きなさやうなら」に敵わない。太田さんは本当に言葉の工夫の上手な人だと思う。

094 菊褒めてドライクリーニングを頼む(*)
 水洗いで済ませるか、ちょっと高いドライにするか? その判断の瞬時に、軽い気持ちで、店先の「菊を褒める」。この感覚が、短歌でなく、詩でもなく、如何にも俳句らしい。

123 ラグビーの主に尻見てゐる感じ(*)
 そういえばそうだな、と読者を納得させる。テレビ社会の影響ではあろうが、視線の新しさと、「主に……感じ」という断定表現がこの句を生かしている。

059 緋の白の八重の一重の寒牡丹
083 晴ときどき蝶テーブルも椅子も白
094 薄原きらり少年とは速度
 ちょっと珍しい文体の三句を掲げた。一見ぶっきらぼうな表現だが、まとまっていて破綻がない。感心した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント