テーマ:中村猛虎

中村猛虎句集『紅の挽歌』

 俳人にしては勇ましい名前を持った方の第一句集である(俳句アトラス、令和二年五月九日刊行)。氏は姫路の俳句の会「亜流里」の代表。跋文は「海光」代表で俳句アトラスの林誠司氏。林氏が始めた句会で、初心のはずの中村氏が常勝であったとか。天賦の才がおありだったとか……。   自選十二句は次の通り。    葬りし人の布団を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more