テーマ:海原

小西瞬夏句集『一対』

 小西さんの第二句集『一対』(令和元年12月1日、喜怒哀楽書房刊行)を読む機会を得た。小西さんは平成24年に「海程」に入会し、2年後に「海程」新人賞を貰っている。兜太逝去後の「海原」でも、すぐに「海原」賞を授与されるなど、その極めて豊かな表現力を評価されてきた方である。  喜怒哀楽書房の機関誌(12月10日発行、107号)によれば、小…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

松林尚志句集『山法師』

 詩人であり、俳人でもある松林さんが第三句集『山法師』を上梓された(令和元年九月二十五日、ふらんす堂)。氏は、俳句評論も多く書かれ、そのご著書を、筆者(=栗林)も折に触れ参考にし、引用させて戴いている。金子兜太らに師事し、現在は「木魂」代表、「海原」同人。平成十五年からの七〇五句を入集している。  あとがきには、「俳句…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more