テーマ:池田澄子

水岩 瞳句集『幾何学模様』

 句集『幾何学模様』は水岩さんの第二句集(2021年1月18日、ふらんす堂発行)。氏は長谷川櫂・大谷弘至の「古志」同人で、池田澄子にも私淑している。そのせいか句柄が澄子調に似ている。飴山實に係わる俳論で「古志俳論賞」をもらっている。歌人でもあられる(「塔」のメンバー)。  著者の自選十五句が帯に記載されているが、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田澄子さん読売文学賞受賞

 今朝(2021年2月1日)の新聞で、池田澄子さんが句集『此処』で読売文学賞を受けられたことを知った。誠におめでたく、お祝いを申し上げます。  ここに小生のブログにあげた『此処』の紹介文を皆様に再び読んで戴ければと思い、お知らせ致します。勝手な感想を書いていますが、失礼をお許しください。記事は、「栗林のブログ 池田澄子」で検索してみて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田澄子句集『此処』

 池田澄子さんの第七句集『此処』(朔出版、2020年6月7日刊行)を読む機会を得た。澄子さんは現在活躍中の著名な俳人なので、改めて紹介する必要はないと思うが、筆者が取材させて戴いて書いた『平成・昭和を詠んで』での若手のお客さまだった(正確にはお客様の最若手は大串章さんが当時79歳、次が澄子さんで80歳、あとの俳人はみな90歳だったり10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more